Search in:

秦野おすすめ観光スポット特集

ハイキングの名所「秦野市」

秦野市(はだのし)は神奈川県の「丹沢・大山エリア」に含まれる県東部エリアの市です。
市内北側には丹沢山塊という広範囲に渡る山岳地帯が広がる一方で、南部には渋沢丘陵が並んでいるという盆地型の地形をしているのが大きな特徴となっています。

ちなみに山の多い神奈川県内においてもこうした盆地地形をしているところはこの秦野市のみとなっており、この独特の形状が美しい水源を作り出しています。

秦野市は環境省から「名水百選」にも選ばれており、「秦野盆地脇水群」という水脈ではミネラル分を大量に含んだ独特の水質があります。
当然市内で使うことのできる水は大変に美しく、その性質を生かした特産品もあります。

おすすめなのが水のキレイなところだからこそできる地酒で、「金井酒造店」の作る日本酒は「モーツァルトを聴かせて作った日本酒」としてもよく知られているところです。

歩きやすいトレッキングコースが魅力

神奈川県内の山岳地は箱根山を代表にした険しいものが多いのですが、秦野市を取り囲む山々は比較的なだらかで歩きやすく、景観もよいことから初心者向けのトレッキングコースとしてよく利用されています。

おすすめなのが表尾根縦走コースで、市内中央付近にある「ヤビツ峠」から道沿いに歩いていくことで富士山と相模湾をのぞみながら歩けるルートになっています。

南部にある渋沢丘陵も歩きやすい場所で、震生湖という秦野のメイン水源の一つを望むことができます。
途中には湧き水スポットもいくつかあるので、市販品とはまた違った天然水を飲むのが醍醐味です。