Search in:

神奈川のイチゴ狩り

a0790_001176

大人も子供も大好きな果物

子供にとって、イチゴといえば大好きな果物でしょう。
甘くて酸っぱくジューシーで、いくつでも食べられそうな気がしちゃいます。
大人でも、おいしいのに当たれば、ぱくぱくと食べてしまうほど、イチゴは魅力的な果物なのです。
イチゴといえば、やはりイチゴ狩りにいって、取ったそばから食べたいのが本音でしょう。

その場で食べることができるイチゴ狩りは、完熟したイチゴを食べることができるのがポイントです。
市販されているイチゴは、運送中に完熟するように考えられていますが、本当に熟したイチゴは甘さも香りも違います。
そのまま食べても本当に甘いイチゴを食べてしまうと、市販のものは食べられなくなってしまうほど違いがあるのです。

イチゴ狩りに行く理由

イチゴ狩りでは、生産しているところで食べることができるため、何種類も作っていれば食べ比べをすることができます。
そしてイチゴと一口に言っても、有名になったとちおとめ、大きな実が魅力でとにかく甘いあきひめ、九州で一般的に出回っているとよのか、とよのかの対抗種として生まれた女峰など、本当に多くの品種があるのです。
こういった品種を食べ比べするには、イチゴ狩りに行ってみるのが一番でしょう。

中には、とても希少な品種を作っているところもあります。
こういった品種は、まず市場に出回っても見かけることがありません。
名前を聞いても、一度も聞いてことの内容な品種もありますので、下記のようなサイトを参考にしておいてもいいでしょう。
>>http://www.geocities.jp/higasyan/zukanpagetop.html

誰でも、イチゴ狩りといえば、イチゴをとって食べればいいと思ってしまいますが、意外に考えておかなければいけないことがあります。
食べ放題の時間の問題や、料金的なこともあるでしょう。
下記のような情報を参考にしておくと、失敗もしないですむはずです。
>>http://papyrus-net.com/ichigo/

イチゴ狩りのできる時期

イチゴ狩りというと、神奈川県には意外とイメージがないかもしれません。
隣の静岡では、プロモーションも盛んなために、かなり有名になりましたが、実は平塚をはじめ、多くのところで生産されているのです。
いろいろと情報が載っていますので、下記のサイトも参考にしてみるといいでしょう。
>>http://sk-imedia.com/kanagawaichigogari-5720.html

神奈川県のいちご狩りの情報を見てみると、スタートするのは1月からがほとんどです。
ちょっと意外と感じるかもしれませんが、実はお正月明けにはイチゴ狩りを楽しむことができるようになります。
料金的にはちょっと高くはなりますが、この時期においしいイチゴが食べられるのであれば、少々は仕方もないでしょう。

最終は、ゴールデンウイーク前後になる場合がほとんどです。
中には6月手前までオープンしているところもありますが、これも天候次第というところでしょう。