Search in:

神奈川をテーマにした歌

ロマンや情景など色々な曲がある

神奈川をテーマとした歌というのは、意外と多く存在します。
特に神奈川県とすると、非常に多くの地域が題材となっているのです。

神奈川で有名なのは、tvkことテレビ神奈川の開局40周年に記念で作られたのが、2012年に真心ブラザーズが発表したカモン!カナガワンでしょう。
現在も横浜市に住んでいる真心ブラザーズが、地元のことも踏まえて作詞作曲し、ダンスまでつきました。
ダンスコンテストも行われましたので、地本以外でも知っている人も多いでしょう。

かなりの数がある横浜

横浜を題材とした曲は、もっとたくさんあります。
タイトルにも横浜と入っている中で、ダイレクトに入れられたのが、B’zのyokohamaでしょう。

Fm yokohama84.7で先行披露されたこともある曲で、意図的に小文字の題名になっています。
ボーカルの稲葉浩志は、実は大学時代横浜で生活していました。
この曲は、実は2006年に発表したMONSTERあたりにできたもので、デッドストックになっていた曲が2008年のシングルBURN -フメツノフェイス-でカップリングになったのです。

ほかにも横浜から始まる曲としては、美空ひばりのヨコハマ物語や原由子のヨコハマ・モガは有名でしょう。
五木ひろしが歌ったよこはま・たそがれは、青江美奈や石原裕次郎も歌っていました。

スタートが横浜ではなく、横浜という言葉が含まれている楽曲には、多くの人がカバーしたことでも知られるブルー・ライト・ヨコハマが有名でしょう。
元々はいしだあゆみが歌ったものでしたが、のちに上原多香子やサザンオールスターズ、徳永英明もカバーしているのです。

横浜とは入りませんが、実は横浜の曲としては、実はサザンオールスターズがたくさん歌っています。
思い出のスター・ダスト、シャ・ラ・ラ、涙のアベニュー、メリケン情緒は涙のカラー、LOVE AFFAIR ~秘密のデートなどですが、本当に多くのうたをうたっているのです。
B’zのTIMEも実は横浜の曲になります。

横須賀を題材とした曲

横須賀を題材とした曲もたくさんありますが、やはり有名なのは横須賀ストーリーでしょう。
山口百恵の曲ですが、野口五郎をはじめいろいろな人がカバーしました。
ほかにも、横須賀サンセット・サンライズも山口百恵です。

横須賀の曲としては、タイトルには入らない曲も含め、たくさん歌っているのはクレイジーケンバンドです。
タイガー&ドラゴンは、横須賀の曲ですし、ヨコスカン・ショック、ヨコスカン・ミラクルも横須賀を題材としています。

これでも神奈川県に関する曲はごく一部です。
ほかにも多くの曲の題材になっており、それぞれ大事な思いでの曲になっていっているといえるでしょう。