Search in:

神奈川県ふるさと納税-使い道について-

ふるさと納税には様々な使い道があります

ふるさと納税をされることで、都道府県に金銭的余裕が出来、その分を、様々な行政、活動に充てる事が出来るようになります。
活動内容には様々な事柄がありますが、その中の1つが、青少年の育成に関する活動への利用目的です。

こちらの活動では、子供の貧困対策の活動を始め、子供が教育、保育の機会を十分得るために必要な資金の援助、保証をする事を目的に、納税金額が使われています。
家庭の経済状況によって、十分な教育を得ることが出来ないような子供達に、救いの手をさしのべる、保護者のサポート、支援を行うことが主な活動と言えるでしょう。
こうした、子供達の未来のための活動を、市全体で協力していくことを積極的に行っています。

男女共同参画を応援するサポートに使われる

仕事を続けたいけれど、子供が生まれて、仕事を続けることが出来なくなってしまった。
このように、仕事を続けたくてもつづけられないというママさんは、まだまだ少なくありません。
横浜市では、こうしたママさんにも平等に働く機会を得ることができるように、女性の活躍推進をテーマとして、様々な推進事業に納税金を充てています。
働きたいと願うママさんの就業支援、サポートを始め、男女が平等に働く機会を得ることができるように、様々な活動が行われているでしょう。

二万円以上寄付を行った場合は、横浜女性ネットワーク会議に招待される権利を持ち、日頃の活動を始め、会議に参加をすることが出来るようになるでしょう。

動物園を応援する、横浜市動物園基金

人気のふるさと納税の一種に、横浜市動物園へのサポート、動物園の動物たちの保護、繁殖を行う環境を整えるための資金として活用されます。
こちらでは、絶滅危惧種の野生動物なども積極的に保全活動を繁殖活動が行われており、生物たちが安心して暮らすことが出来る環境作りに、納税金が役立てられていると言えるでしょう。

一万円以上の寄付をした方を対象に、お礼品として、動物園の年間パスポート一枚が貰える点も嬉しいポイントです。
動物が好きという方はもちろん、動物を保護したいという熱意がある方に、活用されている納税の種類と言えるでしょう。

様々な設備や施設に基金が使われます

他にも、横浜消防の応援、みちづくり推進事業など、様々な事柄に基金が使われています。
自分が応援したいと考える場所に納税を行なう事も出来ますので、お礼目的では無く、自分が応援したいと考える所に納税をするというのも、1つの方法になるでしょう。

納税先には様々な場所がありますので、それぞれ比較を行い、自分が応援したいと思うスポットに投資をしてみることをおすすめします。