Search in:

神奈川県の郷土料理

ほっこりおいしい小豆ご飯

神奈川県の郷土料理には、様々な種類がありますが、いずれも非常に優しいお味、ついつい食べ過ぎてしまうようなおいしい料理が多いことで知られています。
そんな神奈川県の郷土料理の1つが、小豆ご飯です。

小豆を入れた炊き込みご飯で、小豆のほのかな甘みがおいしい郷土料理として、地元住民に愛されています。
造り方も簡単で、洗って柔らかく煮込んだ小豆とお米、小豆のゆで汁と塩小さじ1杯を入れて、炊飯器でお米を炊くだけで完成します。

郷土料理と言うと作るのが面倒なイメージが有るかもしれませんが、お赤飯などを作るよりも、手間無くさっくり作る事ができる点が、非常に魅力と言えるでしょう。
初めての方でも作りやすいタイプの、神奈川郷土料理として知られています。

中華風ちまきはお弁当にもぴったり!

神奈川県の郷土料理はお米系が多く、その中の1つが、中華風ちまきです。
利用するのはもち米ですが、おにぎりにしてお弁当として持参をしても、おいしく食べることが出来るのが特徴の郷土料理になります。

造り方は、もち米を洗って3、4時間水につけた後、下ごしらえをした干しエビ、たけのこ、椎茸、にんじん、松の実と一緒に、中華鍋で炒めるだけです。
中華鍋には最初にもち米を入れて、透き通るまで炒めてから、中華スープを加えて米が水気を吸うまで炒めたら、野菜類を混ぜて竹の皮に包み、15分から20分前後強火で蒸して完成します。

もちもちとしたもち米と、中華風味が堪らない一品で、郷土料理の中でも非常に人気が高い料理として注目されているでしょう。
もち米を使い慣れていないと言う方でも、比較的簡単に作る事ができる神奈川の郷土料理になります。

見た目のインパクトが強い 大根とかまの含め煮

優しいお味と見た目のインパクトが魅力の郷土料理が、大根とかまの含め煮です。
マグロのカマをまるごと利用した、見た目にインパクトがある郷土料理として知られていますが、意外と簡単に作る事ができると、人気の料理です。

大根を厚さ三センチほどの輪切りにして、米のとぎ汁で透き通るまで茹でたら、洗ったマグロのカマと、水、醤油みりん砂糖などの調味料と一緒に、弱火で煮込んでいきます。
甘辛い味付けが食欲をそそり、ご家庭のおかずとして、作られることが多いでしょう。

このように、毎日の食卓に並べられることが多いのが、神奈川県の郷土料理の特徴です。
古くから伝わる優しいお味の料理だからこそ、毎日の食卓になじみやすく、愛され続けて居ると言えるでしょう。

いずれの料理もそこまで作り方が複雑では無く、料理初心者でも取り組みやすい点が特徴です。
レシピ通りに作れば、失敗知らずで美味しく作る事ができるでしょう。