Search in:

神奈川県の気候について

神奈川県の気候の流れ

地域によっても異なりますので一概には言えませんが、神奈川県は比較的、四季の変化がはっきりとしている地域として知られています。
夏は暑く冬は寒い、また、夏は湿気が多く冬は乾燥しやすいと、非常にわかりやすい地域が多いことが特徴でしょう。

これは、太平洋側気候に属していることが理由とされており、四季折々の気候を実感しやすい地域として知られています。
その分、梅雨前線の影響もダイレクトに受けやすく、9、10月にかけて、台風の影響を受けやすくなる点が特徴と言えるでしょう。

近年はこれに加えて、ヒートアイランド現象がおきやすく、夏場の夜、最低気温が25度以上の時もあり、寝苦しい日もあることが特徴です。
地域によっては、クーラーが欠かせないほどの暑さを誇る時もあり、十分注意が必要と言えるでしょう。

気温の変化に対応できる服装を持ち歩きましょう

シーズンに合わせた気候、気温となりやすい神奈川県。
春や秋などの中間の季節をあまり感じることなく、夏や冬に突入することも少なくありません。
朝は暖かい気候でも、夜になると突然冷え込むというような事も多い為、出来るだけ脱ぎ着がしやすい服装、必要に応じて服装を持っていけるように準備をする事が大切になります。

5月頃でも肌寒い日が続くこともあれば、9月頃でも暑い日が続くような事も少なくありません。
脱ぎ着が出来ないような服装で向かってしまうと、後悔するような気候が続く場合も少なくありませんので、衣替えにも注意をする必要があるでしょう。
暦で衣替えを行うのでは無く、その時その時の気候を見て、比較的遅めの衣替えをする事をおすすめします。

シーズンによっては折りたたみ傘の持参が欠かせない

8月の下旬から10月にかけては、神奈川県全域に秋雨前線が近づきやすく、突発的に雨が降るような日が多くなるでしょう。
その為、急な雨に対応することができるように、常に折りたたみ傘を持参してお出かけすることが大切です。

また、台風が近づくことも多く、海沿いは特に、大雨洪水警報等に注意をしておく必要があるでしょう。
避難をするべき程の雨量になる時もありますので、シーズンによっては細かく天気予報などをチェックしておくことが大切です。

雨が降るだけではなく、じめじめと湿度が高い、蒸し暑い日が続くケースも少なくありません。
とはいえ、気温が安定せず、急に気温が下がり、肌寒くなるようなタイミングもありますので、いずれにせよ一枚上着を持ち歩いた方が賢明でしょう。

このように、シーズンによっては色々と安定しないときもありますので、事前に注意をすることが大切です。
シーズンに合わせた服装やアイテムを準備しておくことで、快適に過すことが出来るでしょう。