Search in:

学費が安い神奈川の学校

生活費と学費の関係

生活するうえで、生活費がどれぐらいかかるのか、これはとても大きな問題です。
特に子供がいて、学費が生活を圧迫するような事態は、看過することができません。
そういった将来的な面まで含め、住む土地を決める人も少なくないのです。

現在では、インターネットの発達により、距離という概念が薄くなりつつあります。
仕事という大きな枠で考えてみても、住む場所というのは以前ほどの影響を与えなくなってきているのです。

神奈川県ということを考えた場合、東京都に隣接し、横浜という大都市を抱えています。
自然環境も残っており、生活するための条件に問題は少ない県であるということは間違いないでしょう。
そして、学費の水準を見ても、東京都よりは安く上げることができるのです。

公立高校での学費の差

東京都の私立高校の学費というものを見てみると、年度によって違いはありますが、3年総額で約245万円はかかると考えられます。
決して安い金額ではなく、かなりの生活負担になることは容易に想像がつくでしょう。
この金額に比べ、神奈川県は約235万円で、10万円ほど差がつくのです。

3年間ですから、そこまで大きなものではないと考えるかもしれませんが、生活ということを考えれば、少しでも安く上がるほうがいいといえるでしょう。
だからといって、教育水準が低いということもありませんので、神奈川県の学費の安さが目立つといえるのです。

驚くほど安い神奈川県の看護学校

学費の安さは、何も高校だけではありません。
東京都の私立中学では、初年度の納入金で100万円をはるかに超えてしまいますが、神奈川県の場合100万円前後で収まるところがたくさん存在します。

看護学校を見てみると、一般的にかなり高額な学費が必要で、国公立でも60万円前後、私立だと200万円というケースも少なくありません。
ところが神奈川県の場合、初年度65万円以下の看護学校がたくさん存在します。
50万円どころか、40万円台も数多く存在するのです。

学校としての水準も低いわけではなく、少ない投資でも将来の道を切り開くことができるといえるでしょう。
それだけ神奈川県は、住みやすい土地になってきているからこそ、東京に次ぐ大都市を抱えた地域になってきているともいえるのです。