Search in:

さまざまなシェアハウス

a1180_014607

テレビで取り上げられ火がついた

神奈川県は、都心部へのアクセスも良く、住環境も良いために住みやすいところです。
ですが、決して地代の安い地域ではありません。

家賃に関しても、東京に準じる単価であり、地方都市から考えれば、信じられないほど高額になります。
そこで人気になってきているのが、できるだけコストを落とすことができるシェアハウスです。

テレビで取り上げられるようになり、一気に人気に火が付きました。
外国では珍しいものではなかった方法ですが、プライベートというものを重要視する日本では、あまり普及していなかったのです。

一つの家を複数の人間でシェアするのが基本

シェアハウスは、一つの家を複数の人間でシェアするのが基本で、家賃を限りなく落とすことができます。
その代わりに、リビングや台所、浴室を共同使用することが特徴です。
プライベートな空間は、自分用の個室だけで、ほかは共有スペースとして考えることになるのです。

基本形としては、こういった形になるわけですが、現在ではかなり多くの形が生まれてきました。
一つの家をシェアするわけですから、個人同士の交流は、最低限発生することになります。
そこで、何かコンセプトを定め、そのコンセプトに沿った人間だけが住むことができるタイプのシェアハウスです。

こうすることにより、同じ趣味を持っていたり、職業として近いもの同士が共同生活をしたりすることになります。
トラブル防止にも役立ちますし、お互いを高める手段としても、活用できる場となったのです。
そんなシェアハウスを神奈川県で探す場合には、こんなサイトを利用するといいでしょう。
>>https://www.oakhouse.jp/house/kanagawa/

魅力も多いがデメリットも忘れない

シェアハウスは、確かに魅力の多い方法です。
家賃は、家主が設定するため、建物の大きさの割に格安になります。
さらに、テレビや家具などが備え付けてあるため、投資が要りません。
敷金礼金は当然取られないことが通常で、保証金だけ積む程度になるのです。

こうしたメリットの代わりに、共同生活というデメリットがあることも忘れてはいけません。
一人ではないので、なんでも好き勝手できるわけではなく、隣の音が気になるようなこともあるでしょう。

生活臭の問題もあり、落ち着かない可能性も出てきます。
安全上の問題が出ることもあり、貴重品は置いておけないということも珍しくありません。
そのため、一つのコンセプトを定め、同じような考えを持つ人が集まるシェアハウスが人気になってきていたりするのです。

ただし、どんな形にせよ、都市部で生活するのに一人ではありません。
多くの人と触れ合うことができるメリットを享受できるのであれば、シェアハウスという手段は最高の場所となってくれることは間違いないのです。